スズキGSR250が素晴らしい!

スズキのGSRシリーズの人気は予想以上のようでメーカーもびっくりしているという話をバイク屋さんから聞いた。下は軽二輪のGSR250、中型にGSR400が、そしてミドルクラスに大型のGSR750と、3モデルが国産スズキラインナップを支えている。現在のスズキロードスポーツの要的な存在だ。

3モデルの中でも注目したいのは、GSR250。性能的な魅力としては海外仕様のフルパワー性能を持つGSR750に目が行きがちだが、末弟の軽二輪GSRが実は一番優れた魅力を持っていると言うこともできるのだ。

まず、軽二輪ということで維持費が安い。開発や設計を日本で行いつつ生産は中国と言うことで低プライスも実現。生産が国外と言うことで心配もされがちだが、中国に日本人スタッフを常駐させることで生産を徹底管理。これにより海外生産に起こりえる品質の低下を防いでいるのも見逃せない。

維持費や低プライスという魅力に加え、優れたフレンドリー性能もポイントだ。決してスーパースポーツモデルのような高性能は持ち合わせてはいないものの、ストリートファイター風の攻撃的ルックスからはある意味意外を感じる優しいライディングが、このGSR250最大の魅力として評価されている。

実際にGSR250を試乗してみた

先日、GSR250を試乗する機会があった。250ccネイキッドということで、パワー不足を感じるのではないかと思っていたが、実際にそれは感じた。400ccクラスや大型クラスの経験があるのだから、それは仕方が無いだろう。

しかし、跨って走り出した後の車体と自分の一体感が非常に気持ちよかった。ハンドルはセパレートハンドルだが、アップタイプのため前傾がそれほどきつくは無い。だが上半身が直立するほどではなく、僅かに前かがみになるハンドルポジション。前傾は辛いと思われがちだが、実は少々前かがみくらいの方が腰に負担がかかりにくい。GSR250はまさにジャストなポジションだった。

そしてリアタイヤの挙動が少なく非常に安定感があることにも驚いた。しっかりとリアタイヤが路面をグリップする感覚が伝わってきて、安心して車体を寝かせることができた。これが一番走っていて気持ちよく感じた。ギアインジゲーターやシフトタイミングランプも面白いシステムだ。

性能云々を気にせず、誰でもバイクを素直に楽しめるマシンという感想だ。エントリーはもちろん、ベテランのリターンにも好まれるというのがよく分かった。それでいて40万円台で新車購入可能というのも嬉しい。